信用格付とESG

ESG投資の活発化に伴い、格付会社はその信用力評価作業においてどのようにESGの要素を取り込んでいるのか、透明性を高めるべきであるという意見が出てきました。このニーズを受け、国連責任投資原則(United Nations Principles for Responsible Investment)では、2016年にESG In Credit Ratings Initiativeを立ち上げました。同イニシアティブは、信用格付にシステマティックにESG要素をどのように取り込んでいるのかを、投資家と格付会社の間で話しあい、より透明性を高めていこうという取組みです。

JCRはこのイニシアティブに日本の格付会社として初めて署名し、本分野に係る国際的な協議に積極的に参画しています。

詳しくはこちらPDFファイルをご覧ください。

JCRの取組み

JCRでは、JCRが定める格付方法の様々な項目を評価する際にもESG要素を考慮する必要があると考えています。ESG要素が信用格付に影響を与える可能性に関し、次の事項に留意しています。

・ESG要素が発行体の持続可能性に影響を与えること
・ESG要素が債務償還に必要なキャッシュフロー創出力に影響を与えること
・ESGへの取り組みが資金調達力に影響を与えること

詳しくはこちらPDFファイルをご覧ください。