取引先財務力評価サービス

統計的に推定される取引先や与信先の財務の健全性に関する評価を、債権者や与信者が利用することを意図したサービスです。

取引先や与信先のクレジット評価を客観的に行うための外部ツールとして有効です。利用法としては、一定水準以下の評価結果となった取引先に対し、預託金や保証の差し入れを求めるなど、様々な用途が考えられます。

評価結果は、10から2までの9段階で表示されます。これは「JCR中小企業信用リスク推定モデル(JCREST)」が計算する1~3年先までの推定デフォルト率に、JCRの知見を加えた単体でのクレジット評価で、親会社による信用補完といった定性要因は加味されません。