JCR中堅・中小企業格付

「JCR中堅・中小企業格付」には、日本経済を真に支えている中堅・中小企業が、その規模や知名度に左右されず、自らの信用力において正当に評価される時代を創りたい、という弊社の願いが込められています。

中堅・中小企業の信用力評価は、ともすれば財務が軽視され、経営者個人の信用や取引履歴が偏重される等、客観性と説得力に欠ける傾向にありました。弊社は、独自の信用リスクモデルによって、財務面から見た中堅・中小企業の客観的信用力評価を提供します。

特徴
  • 日本でトップクラスの信用格付業者であるJCRが、中小企業の財務データベースを利用して統計的手法により行う、中堅・中小企業の財務的な信用力についての評価です。
  • 評価結果は、aaa、aa、a、bbb、bb、b、ccc、cc、cの9段階の記号にて表示されます。
評価対象先
  • 年商5億円以上の金融商品取引法上の非開示会社(有価証券報告書等を作成していない会社)のうち、決算書が原則5期存在し、過去3年間に手形事故等の発生がなく、法的倒産先でない日本企業が対象となります(ただし、金融業、リース業、レンタル業、自営業者、特定目的法人、投資法人、学校法人、医療法人、公益法人、公共団体、宗教法人、その他の財団・社団、および各種組合等は対象外となります)。
  • 決算書等に不整合が存在する等、弊社の判断において対象といたしかねるケースがあります。
評価手順
  • 弊社が独自開発した「JCR中小企業信用リスク推定モデル(JCREST)」に対象企業の財務データを入力し、弊社の知見に基づく数理ロジックによって、当該企業が3年以内に倒産する確率を推定します(3年累積推定倒産確率)。
  • 算定した3年累積推定倒産確率に基づき、最終的な評価を記号として決定します。